2017/02/180 Shares

入学までの事前手続き

留学までの準備を記述する。留学前の準備やスケジュールに関する情報が少なく不安になる人が多いと思うからである。以下は私の場合の採用から渡航までのプロセスである。なお、以下の内容は毎年同じではなく、行く大学によっても違う。

手続き
1 留学事前説明会①
2 交換留学願書をUBCに提出、寮に申込み、
Meal Planを申込み、履修科目選択(一次)
3 奨学金申し込み
4 留学事前説明会②
5 留学事前説明会③、カナダへのVISA取得、
履修科目選択(2次)、外貨預金口座開設、航空券取得
6 留学事前説明会④
7 留学事前説明会⑤、留学届など各書類提出、
オリエンテーションの申し込み、EAL(早期入寮)の申し込み
8 荷物準備

UBCの場合、願書、寮、ミールプラン、授業選択などのほぼ全てがインターネットでの申し込みである。

カナダの場合、VISAの取得はWEBサイトで要綱を確認して用紙を印刷し郵送する。それほど煩雑ではなかったが何の書類が必要なのか早めに確認した方がいい。

履修選択は5月に紙で提出した科目がWEBのページに反映される。そこから、選択し直すことも可能である。ただし、WEBでは専修条件の証明が面倒なので5月に提出する時が一番簡単である。また、人気のある授業はすぐに埋まるので早いうちに申し込んだ方がいい。

航空券の取得はできるだけ早い方がいい。安いチケットから埋まっていくからである。伊丹→成田→バンクーバーのチケットは8万円程度だった。

寮はwebsiteで調べて決定する。私は一番安く、授業棟に近いPlace Vanierにした。http://www.students.ubc.ca/global/coming-to-ubc/accommodation しかし、今ならFairviewを選ぶ。参考

Place Vanierには13の建物がある。各々の建物に名前があり、私はTec de Monterreyという建物に入った。
ミールプランは後からチャージできるので一番安いプランを申し込むといい。寮食については後で記述する。http://www.housing.ubc.ca/totem/mealplan.htm

カナダで口座を開いた後に家族に依頼して日本の口座から電子送金で振り込むと一番安いレートで両替できる。現金での両替はレートが悪い。ちなみに、私は円高の時に外貨預金口座を開いて貯金しておいた。ゆうちょ銀行が安い。

EAL(Early Arrival Living)に申し込めばオリエンテーションの5日くらい前に入寮できる。

UBCのE-mail accountに3月にIDを作った時から手に入れることができる。http://my.ubc.ca/

大学のWEBサイトを渡航前に全部チェック。→イベント、設備、サービス、単語が分かる。留学先の銀行、携帯のWEBサイトのチェックは逆に事前にしなくても簡単にできた。