2017/02/224 Shares

ヱビスビール記念館はオシャレ、美味しい、トリビアがいっぱい!

ヱビスビールミュージアムに2017年2月21日に行ってきた!わずか500円の入場料で

  • 展示物や内装がオシャレ!
  • ビールの面白いトリビア・歴史!
  • ビールがお手頃価格で美味しい!

素晴らしいサービスがいっぱいだった。ブランドコミュニケーターさん(案内係)のプレゼンテーションもとても分かりやすい!(しかも知性あふれる綺麗な方だった。)

展示物や内装がオシャレ!大切な人と一緒に

記念館はゆったりとした空間の中に、ベルベット色を基調とした上質な大人の雰囲気を醸し出している。一人で行くのも良いが、ビールが好きな大切な人と一緒に行くことも是非オススメである。(その他、恵比寿ガーデンプレイスや駅周辺にもオシャレな店やレストラン、バーは沢山ある。)


入り口を過ぎてメインフロア

ホームページよりYebisu Galleryの様子

(要拡大) ③ツアーラウンジ (ゆったりとしていて、本もあるツアー待合室) ④ヱビスギャラリー (歴史、過去のビールの見本、定番のCM曲のオルゴールなど) ⑤コミュニケーションステージ (ツアーで2種類のヱビスをテイスティング) ⑥テイスティングサロン (各ビールが400円)

わずか500円でヱビスビールの面白いトリビア・歴史を学べる。しかも2種類のヱビスをテイスティング!

ヱビスツアーは以下のHPの説明がよく分かる。ガイダンスは日本語のみだが、展示物の説明は日本語と英語両方ある。

 ヱビスビールのエキスパートであるブランドコミュニケーターによる「ヱビス」のすべてを知ることのできるガイドツアー。
ヱビスビールの誕生から今に至るまで、そしてヱビスにまつわるこぼれ話を、分かりやすく丁寧にご案内いたします。
最後はコミュニケーションステージにて2種類のヱビスをテイスティング。リピーターも多い一押しツアーです。

所要時間 約40分(試飲含む)
スタート時間 ツアー開始時間はこちらをご確認ください。
受付時間 ツアースタート時間の10分前までに受付をお済ませください
(11:00~)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日
定員 18名様
※前日までのご予約は10名様までになります
参加費 大人 500円、中学生~20歳未満 300円、小学生以下 無料
※試飲2杯まで

 ツアーの素晴らしい点

  • ヱビスビールの歴史が分かりやすく学べる
  • ヱビスビールの面白いトリビアを学べる
  • ヱビスビールの過去の瓶や缶などが見られる
  • ヱビスビールのCM曲のオルゴールを聞ける
  • 2種類のヱビスビールをテイスティング
  • ヱビスビールの美味しい注ぎ方を学べる
  • 綺麗なコミュニケーターさんとの会話
などである。
歴史に関しては、1876(明治9)年に今後のビールの需要を見越して醸造所の建設した、初期のビール瓶はコルク栓だったが1912以降から王冠栓になった、恵比寿ビールBeer Hallという日本初のビアホールを1899年に開業し海外展開をした馬越恭平は「東洋のビール王」と呼ばれた、戦時中はビールという呼称ではなく、麦酒(ばくしゅ)と読むようになり、ブランドも無くなり、家庭用、業務用、軍用の3種類になったなど、色々と学べた。

ブランドコミュニケーターさんがディスプレイ映像で醸造所を紹介している。

初期のビール瓶

特に面白かったトリビア

ビールがお手頃価格で美味しい!

500円でツアーには2種類のヱビスビールのテイスティングが含まれていてとってもお得!

とっても綺麗なコミュニケーターさんがビールの注ぎ方を実演。歴史やトリビアなども詳しく知性溢れる方。

2種類のヱビスビールをテイスティング (この時はエビスと琥珀エビス)

さらにテイスティングサロンのビールも各400で安い!

ホームページよりテイスティングサロンの様子

ビールのメニュー

つまみと軽食のメニュー。良心的な価格設定。

以上、ヱビスビール記念館のレポートである。※依頼ではなく、自発的な記事(笑)

プレミアムなビールをぜひどうぞ。