1 Shares

留学で費用はいくらかかるのか?

以下は実際に私が2009-2010年次の8ヶ月半でかかった留学費用である。ウクライナで月4万円で生活している今、これを振り返ってみれば随分無駄遣いをしていたと思う。

項目 合計$ 節約後の費用
食費 【ミールプラン抜き] 1629 2400 (+771)
洗濯 111 111
洗面具 84 84
衣類 226 226
小物 203 203
イベント参加費 129 129
ヘアカット 61 61
文房具 379 379
20 20
保険 343 343
手数料 130 130
土産 110 110
その他 466 446
寮費 3800 3800
ミールプラン 3456 0 (-3456)
機器 160 160
寝具 75 75
55 55
携帯 266 266
教科書 660 660
小旅行費 1994 1500 (-494)
輸送被 350 100 (-250)
その他 945 945
総計 15652 12203
$3449の節約可能性

表の中列は実際にかかった費用、右列は日々の自炊と小旅行を三回した時の費用予測である。
渡航費、準備費、生活費と全部で150万近くかかった。最大の失敗はミールプランが強制である寮を選んでしまったことだった。

– 自炊の方がかなり安く済む。
– 飛行機のチケットは留学が決まった時点で早く購入すれば良かった。
– 別地域への小旅行中は預ける荷物をゼロにして持込荷物だけにすればFeeを取られない。
– 日本に送る荷物は最小限にして、単位認定に関係ない教科書やノートは捨てていくべき。
– 教科書は買わない。図書館から借りるか、無料で手に入れるべき。
– アパートメントは400ドルくらいで充分。 (バンクーバーの場合)
– 留学の荷物は最低限に抑える。(ラゲッジ1個、バックパック1つ、ハンドバック1つ)

ミールプランと細々としたことを節約もすれば8ヶ月半の費用を110~120万に抑えられたと思う。

どれだけの荷物が要るかは人によるが、帰りは荷物が多くなるので留学先で旅行鞄を1つ買って詰めれば日本に郵送で送る量が少なくなる。

行き 旅行鞄を1つ(預かり)×小バゲッジ(持ち込み)×バッグ

帰り 旅行鞄を2つ(預かり)×小バゲッジ(持ち込み)×バッグ

この場合は荷物チャージされない。